「転職35歳説が崩壊」近頃のニュースでそのような見出しを目にしました。安心・安全な食材宅配

この記事、実は近頃身をもって感じることが多くあります。登録販売者

記事にあったようなグローバル展開をしている大手企業での優秀なサラリーマンの話ではなく、中堅や中小企業などにおいても、40代の人材を求める動きが活発になってきているのです。

採用担当者に知人がいる会社でも、中途採用に関しては社会人経験が豊富で、ノウハウや実績のある人の採用に積極的であるとききました。

果たしてなぜこのような動きがあるのでしょうか。

その担当者に聞いてみました。

ひとつは、20代以下の人材について採用に失敗するケースが後を絶たないという現実のようです。

中途で採用しても、すぐに辞めたり、業務についても条件や待遇について注文が多く、実際の貢献度に見合わない雇用になるケースも多いとか。

仕事観が30代以降と比べ明らかに低く、結果として人事としては負担になることが多いといいます。

それに比べて30代後半は、デフレ時代の厳しい業務も経験し、管理職経験者も豊富。

企業側の事情や状況にも理解力が高く、採用の条件に関しても謙虚な方が多くお互いに良い採用につながることが多いのだとか。

人事も良い人材を確保して実績が求められるので、そのような選択になっているそうです。

また、もうひとつは、40代前後の人材はちょうど第二次ベビーブーム世代で人口の層が厚く、幅広い人材が確保しやすいのだそうです。

また、メンタルやモチベーションの面でも、10年前の40代と比べて明らかにマインドが若く、体力的にもまだまだバリバリ働く状態であり、定年も上がってきている現実からも、将来的な見通しとして企業にとって貢献度が高い存在になりうるのだそうです。

人数が多い分競争にも耐性があり、協調性も高く、管理職についでも実績が出せる即戦力として採用できる人材が豊富とのこと。

年上の上司などともコミュニケーションが上手な、最後の世代なのだとか。

納得できることが多いです。

いずれにしても、派遣や契約で雇用が流動化している昨今、企業にとって長期雇用の新たな切り札となるアラフォー世代の採用が増えているのは、お互いにメリットのある良い流れなのだと思います。