為替介入という言葉は耳にした事がありますか?日銀が為替の介入をして新聞記事、雑誌記事、ヤフー等の記事で確認した人も多いと思います。76-17-75

初めから為替への介入というものは日本の場合、財務大臣が為替相場の沈着を保つように実行する措置ということで位置づけられています。76-1-75

わかりやすく言えば、極端な円高または円安になった際に財務大臣の指図をもとに中央銀行である日銀が日本円を売買して為替の相場の安定をさせる、ものを言います。76-9-75

為替介入(外国為替市場介入)とは種類があります。76-11-75

1.単独介入・・・行政・日本銀行が、東京市場において自らが市場に参加し為替の介入をする。76-16-75

2.協調介入・・・多くの通貨当局が話し合い、それぞれの通貨当局の持ち金を出してタイミングを合わせてあるいは続けて為替介入(外国為替市場介入)して行く。76-12-75

3.委託介入・・・海外の銀行などへ向けて為替介入を託す。76-4-75

4.逆委託介入・・・日銀が異国の通貨当局に成り代わって外国為替市場介入(為替介入)を実行する。76-8-75

このような種類があるのです。76-15-75

どの介入もその場、あるいは引き続いて為替市場にとても影響を与えます。76-14-75

為替介入のお金はさすがに国家の面目をかけて行なうのですから桁外れです。

円を元に例えると、いつもは数銭ごとに動く相場が突発的に数円の動きをします。

投資家の方ならば経験していると推測できますがここまではうまく含み資産(あるいは損失)が増えていた保有高を保っていたところで、保持しているポジションが決済したと報告がFX業者の人間の発信でEメールが届き・・・どれだけ黒字になったのか(損したのかな)?と考えながら決済の報告を見たら、自分で思っていた結果とは逆の状況となり度肝を抜かれたといった事例がよくあります。

為替の介入が実施された時によくある話なのです。

この例のように為替の介入が行なわれることで、為替の市場の流れとまったく反対の動きをします。

なおかつ変動する金の大きさはかなりでかく動くので注意が必要です。



  • 76-5-75
  • 76-13-75
  • 76-6-75
  • 76-2-75
  • 76-20-75
  • 76-3-75 76-19-75 76-18-75 76-10-75 76-7-75