一般的な経験の浅い方向けのFXの書籍では、「マイナスになった時はナンピンで、全体の平均の価格をコントロールする事が出来る」等と記述されていると思いますが、実際にはそこには相当大きなリスクがあります。銀座カラーでは全身脱毛の際に痛みを感じない?

まずはじめに、ナンピン買いの理屈についてごく簡単に説明しておこう。http://hikkoshigyosha-osusume.com/osakafu/takatsukishi8

例として1ドル100円でドルを買ったとします。ブルーベリーが老眼の対策

$買いですのでドル高になればなるほど利益が大きくなるわけですが、逆に95円まで円高ドル安が進んだとします。かに本舗 評判

そのままポジションを保持し続けたらプラスになるためには、マイナス分ドル高に動く必要があります。太りたい

誰もがみんな、損は可能な限り早く戻したいと願います。育毛剤20代

そこで最初に注文したのと同じ額のドルを売買します。尿酸値を下げる薬

すると、全体のコストは1ドル=97.50円まで下げることができますその結果、半分の幅で円安ドル高に進めば赤字を取り戻す事が出来ます。セクハラ自動車学校

こういったことがナンピンの手法です。生活雑学

このとおり、ナンピン買いの手法を知ると、「なるほど」と考えるが、外国為替市場はそう簡単に問屋を卸してくれない。カクセイ ドラマ 動画 無料

初めから、1ドル=95円が底値だということなど誰もわからないのである。

為替が相当の円高地合だとしたら、1ドル95円ではとまらず、より一層ドル安が進む危険性は高いです。

仮定として、1ドル97.50円でナンピンをするとしても、1ドル95円までドル安が進んだらナンピン買いをしたポジションも為替差損が生じます。

それでは、一番初めに取引したドルとトータルで、更なる為替差損を被ることになる。

この通り、ナンピン買いはややこしいです。

それならば、為替が自分の脚本とは逆向きにさっさと進む場合、どの対策で危険を回避すればいいのでしょうか。

そういう時には取れる選択肢は限られています。

まずひとつめは覚悟を決めて、損切りをすること。

別の方法としては、自分か保有している買いポジションを少なくして、改めてマーケットがリカバリするのを黙って待機する事だけです。

ずいぶん後ろ向きなやり方だと考える人もいます。

だがしかし、所有しているポジションにマイナスが生まれた時一番危険の少ない手法はこの2つ以外にはあるはずがありません。

確かに、理論としてはナンピン買いをするという方法も有効です。

しかしながらナンピン買いは自分かマイナスになっているのにポジションを整理するどころか逆にポジションを積み増していく方法です。

この対策では、危機を避けることなど、どう頑張ってもやりようがないと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいつの日にか損失が回復するかもしれません。

だけど、それより前に資金は足りなくなってしまいます。



  • 犬の教室 値段
  • 青汁という名を聞けば、身体に良い印象!っていうが本当なの?