ダイエットをしている方は脂肪の摂取を控える傾向があります。うるしず 楽天

脂肪分は1g当たり9kcalと炭水化物やタンパク質が1g当たり4kcalなのと比べるとカロリーが高いです。

しかし、脂肪の摂取を控えるダイエットは失敗しやすいのです。

脂肪は胃の蠕動運動をゆっくりにして、胃の中のものが移動するスピードを遅くします。

それにより、食べ物が停滞する時間が長くなるのでお腹が空きにくくなります。

脂肪を適度に摂るとお腹が空きにくいので、間食を控えたり、食事の量を抑えることができます。

脂肪は食事に満足感を与えます。

油のない食事は味気ないです。

満足感が得られないのでご飯など糖質が多いものをたくさん食べてしまいます。

糖質を摂取すると血糖値が上がります。

血糖値が上昇するとインスリンが分泌されて糖分が細胞や筋肉に取り込まれ、使われずに余った糖が脂肪になり肥満につながります。

脂肪の摂取を控えると多食べ過ぎたりしてダイエットに失敗しやすいのです。

カロリーが高いからと控えず、適度な脂肪の摂取が大切です。