自動車用保険のひとつに代理店方式のマイカー保険と分類されているものがありますが、みなさん御存知ですか。代理店型自動車保険の意味としては代理店を経由して自動車用保険契約をするマイカー保険のことをいいます。それで代理店経由の自動車用保険にどんなプラス面とデメリットが存在するかをお教えします。代理店経由の自動車用保険の大きな魅力はカー保険のベテランと質疑応答可能であるということです。車保険を一人で選択しようとしたところで、専門の言葉が理解困難だったりどの種類の補償が必須かということが判断できないことがほとんどです。そして、高度な知識を得てから後に選ぼうとした場合、とても大変な下調べが不可欠になります。余力がある人に対しては良いかもしれないですが、労働しながらもカー保険の言葉を身につけることに関しては難しいことと言えますしややこしいことと思われます。別の見方をすると代理店式自動車保険にすると自動車用保険における基礎知識に自信が無くても専門家が相談に乗ってくれるから前もって知識を頭に入れておく理由がゼロです。なおあらゆる保険相談が可能ですから確実に当人に適当なカー保険に申し込める可能性大です。逆に代理店タイプの保険の問題点はある領域の車保険だけからしか保険を探すことが許容されないことと、金額の増大です。原理的に店側は、取り扱っている商品を推薦してくる傾向があるので限定されたクルマ保険のうちから保険を選択しないといけません。それゆえ品揃えが原理的に限られるという短所が存在します。その上代理店を利用しているがゆえに、保険料が上がるというディスアドバンテージも要注意です。